いつもより1時間早く寝る

いつもより1時間早く朝のルーチンワークに取り組める

1時間早く寝て、その分1時間早く起きる「早寝早起き」は、ストレス解消に大きな効果があり、それにはいつもは駆け足で行う朝のルーチンワークが1時間もあればゆっくり余裕を持って行える事が大きく寄与しています。1日の労働や学業の前に1時間ゆっくり準備をして心構えができるので、その日のストレスに対する耐性を高めることが出来るためです。また起床を1時間早めると、今までよりも「静かな朝」であることが多く、周囲の雑音に悩まされずリラックス出来ることもポイントです。1時間早く起きることは、時間に追われる1日にならず、余裕を持って1日をはじめる事になるため、今までと比べて心理的に大きくリラックスできますし、良いスタートダッシュを切ることができます。

1時間だけでも睡眠時間を増やすことは大事

一般的な成人の睡眠時間として最も多いのは、およそ6時間程度とされています。しかし人間に最も最適な睡眠時間は8時間であり、これでは2時間ほども足りていない事になります。睡眠不足によって起きる様々な体の不調や自律神経の乱れはストレスを溜める要因にもなります。そこで試したいのが「1時間だけ早く寝て、睡眠時間を増やす事」です。自習学習や帰宅後のルーチンワークなどもあるため、2時間増やすことは難しい人も多いと思われますが、掃除の回数を減らしたり夜の学習時間を減らすなどで1時間捻出することは、不可能というほどではないでしょう。睡眠時間を1時間増やすだけでもいつも以上に頭をスッキリさせ、体の疲労を抜くことは可能ですし、目覚めがスッキリすることで大きなストレス解消効果が見込めます。また学習時間が短くなっても効率が上がるので、長時間学習から短時間高密度の学習に切り替えるのも良い事です。