甘いものをつまむ

仕事で疲れて一休みしたい時に口に入れる物

仕事中に疲れて一服する時には、煙草を吸ったり珈琲を飲んだりするなど、様々な息抜きの方法があるでしょう。短時間でも気分転換できれば、疲労は回復し、集中力も高まります。煙草や珈琲のほかに、ちょっとした食べ物を口にすることも効果があります。ガムを噛むと、咀嚼によって血流が良くなり眠気が吹き飛び、脳が活性化するということは知られているでしょう。また、ハッカなどの刺激物が入っている食べ物を口に入れると、口に中がピリピリして頭がクリアになることは、誰でも経験することです。

口の中に入れた物を味わったり噛んだりすることによって、ストレスが発散され、気分爽快になるのです。ストレスが溜まったからといって、食べ過ぎると胃に負担がかかり、かえって眠くなってしまいますが、適度の食事は仕事中であっても仕事の効率を上げるうえで重要な役割を果たすと言えます。

甘いものは思考力回復とストレス解消に効果的!

特に、仕事の合間に甘い物をつまむことは、疲労回復とストレス解消に高い効果があると言えるでしょう。頭を使う仕事に従事している人は、長時間仕事に没頭していると、脳内の糖分が不足して集中力が低下してしまうことがあります。こうした際には、煙草や珈琲で眠気覚ましをしたり気分転換を図ったりするよりも、チョコレートやケーキなど甘いお菓子を食べる方が効果的なケースが少なくありません。糖分が多い甘い物を摂取すると、栄養分が行き渡って脳細胞を活性化し、仕事もはかどるでしょう。

職場によっては、誰でも好きな時につまめる置き菓子を置いている所もあります。キャンディーやグミをはじめ、ドライフルーツやビスケットなど、日によって種類を変えれば従業員の楽しみも増えます。時には大福や柏餅などの和菓子を入れると、健康にも良くリフレッシュにつながるでしょう。